相続・遺言(遺産相続)、会社設立(法人登記)は大阪市北区にある井澤司法書士事務所にお任せください

大阪市北区 井澤司法書士事務所
TEL:06-6882-6607 FAX:06-6882-6608
access お問い合わせ
遺産相続・遺言
HOME 事務所概要 会社設立 遺産相続・遺言 その他の業務内容 お客様の声 ご相談窓口

■遺産相続手続サポート

当事務所において、遺言内容の確認、相続人・相続財産調査、遺産分割協議の作成、不動産の名義変更手続まで一括してご相談していただくことが可能です。
複雑な相続財産調査、相続税の申告が必要な場合、相続を専門にしている税理士との提携によりワンストップサービスのご提供をしております。

■遺産相続手続の流れ

1.お電話・メールからのお申し込み
2.打ち合わせ、費用概算のご提示
遺言の有無や内容の確認、相続財産や相続人の概要、借金の有無をお聞きして今後の手続の方針をご説明し、費用の概算をご提示します。(相続財産や相続人が確定してから明確な費用のご提示をいたします。)
ご依頼内容(括弧書きは実費を除く報酬の目安です。事案毎により異なります。)
・遺言検認手続 3万円〜
・特別代理人の選任・・・相続人に未成年者がいる場合 3万円〜
・借金調査 2万円〜
・相続放棄・限定承認手続 3万円〜
・相続人調査・相続財産調査・遺産分割協議書の作成 7万円〜
・不動産の名義変更手続 5万円〜
3.着手金入金によるご依頼の後、着手
着手金(ご依頼の内容により異なります。)をご用意していただきます。
相続財産・相続人を調査し、相続人の方のご意向を確認のうえ、遺産分割協議書を作成いたします。
借金がかさむケースなどでは相続破棄の手続きを検討いたします。
その他不動産の登記手続などに必要な書類を作成いたします。
4.残金入金後、不動産の名義変更を法務局に申請
必要書類に署名押印していただき、不動産の名義変更を法務局に申請します。
相続税申告が必要な場合、相続を専門とする税理士をご紹介いたします。その他、預貯金等の名義変更もお手伝いさせていただきます。
▲ページのTOPへ

■遺言のススメ

遺言書がないがために、相続財産をめぐり血のつながった者同士での骨肉の争い・・・実際によくあるトラブルです。
遺言とはあなたの言葉で、残される大切な家族のため、財産の分配や事業の承継などについてあなたの想いを形にするものです。
相続を争族にしないためにも、“万が一”に備え遺言書の作成をおすすめいたします。

■遺言によりできること 

遺言により配偶者や(夫や妻)、子供といった法定の相続人以外の者に財産を配分することもできます。(ただし、法定相続人には一定の割合で相続財産が保証されています。これを遺留分といいます。)

・身の世話をしてくれている第三者に何かを残したい
・縁の切れている親不孝の子供には相続させたくない
・内縁の妻とその子供に財産を残したい
・会社の経営権を確実に子供に承継させたい

いずれも遺言により実現が可能な内容です。

▲ページのTOPへ

■遺言の方法

特別なケースを除いて遺言には以下の3通りの方法が規定されています。
一生に一度の遺言です。最も確実でメリットの多い「公正証書遺言」の形式をおすすめいたします。
◆自筆証書遺言
全文・日付・氏名を本人が自書して、押印したものです。
パソコンなどで作成しプリントしたものは自書ではありませんので無効となります。
◆公正証書遺言

遺言の内容を本人が公証人に伝えて、これに基づき公証人が遺言書を作成したものです。

【手続き】
  1、二人以上の資格のある証人が立会います
  2、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口頭で述べます
  3、公証人がその趣旨を筆記し、これを遺言者と証人に読み聞かせるか、筆記したものを閲覧してもらいます
  4、遺言者と証人が、公証人が筆記したことが正確なものであることを認めた後で、各自署名押印します
    ※遺言者が署名することができない場合は、公証人がその理由を付記して、署名に代えることができます
  5、公証人が、その証書は1から4までの方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押します

◆秘密証書遺言

遺言の内容は遺言者の生存中秘密にし、遺言の存在だけは明確にしておく遺言のことを「機密証書遺言」といいます

【手続き】
  1、遺言者は、遺言証書を作り(代筆でもよい)、署名押印します
  2、遺言証書を封筒に入れて封をし、遺言証書に押したものと同じ印鑑で封印します
  3、この封書を公証人に差出し、自らの遺言書であることと、自分の氏名・住所を申し述べます
   (このとき二人以上の証人の立会いが必要です。)
  4、公証人は、封書の差し出された日付と遺言者が申し述べた事柄をその封書に書きとめ、遺言者および証人と共に署名・押印 します

▲ページのTOPへ

■遺言書作成サポートの流れ 

遺言はただご自身の言葉で書ければよいというものではありません。法律により遺言書は規定されており、形式等に不備があれば無効となりかねないものです。
当事務所ではあなたのご希望、お考えをしっかりお聞きしてベストな内容・方法をご提案し、下書きの提案からトータルサポートいたします。
1.お電話・メールからのお申し込み
2.打ち合わせ、費用概算のご提示
預貯金、株式や不動産などの資産の内容を確認し、ご希望の遺言をお聞きします。そのうえで費用の概算をご提示します。
費用の目安 (資産の総額により変動します)
・自筆証書遺言 3万円〜
・公正証書遺言 5万円〜
3.遺言文案のご確認
遺言書の文案を作成のうえ確認していただきます。
4.費用入金後、遺言書の作成
公正証書遺言の場合、証人2人とともに公証役場に同行いたします。(証人はこちらでもご用意いたします。)
自筆証書遺言の場合、ご自信で清書していただきます。
▲ページのTOPへ
お申し込みやご相談はこちら メールでのお問い合わせ